アコムマスターカード審査の流れは?お急ぎで作りたいときの秘訣

ローンやアコムマスターカードの審査時に重要なこと

ローンやアコムマスターカードの審査時に重要なことって何かわかりますか?年収と答える人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、収入が不安定でムラのあるアルバイトなのかを見られています。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく払われているかを見ており、期日を守って支払いが行われるかを見ています。

よくCMなどで名前を見るアコムマスターカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社ですか?楽天カードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカが欲しいと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴と言われています。

勤務先の住所などの情婦をうっかり入力ミスした場合、虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので注意してください。

買い物をしようと思っても現金の持ち合わせがないときやネット通販など利用する場面の増えているクレジットカードですが新社会人の方など若者の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いのみできるなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない方は諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードなどが最近では出てきています。

例えば、イオンカードの場合ではWEBで申し込みをしてその際の手順としてはWEB申し込みをして結果が通知されます。

審査に合格していれば店頭でその日のうちに発行できます。

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど使う場面の増えてきたアコムマスターカードですが、新社会人の人などはまだ持っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略でローンなどの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去に未納などの門題を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

最近ではアコムマスターカード払い限定のチケット販売があるので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

この場合、落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンや奨学金の返済を滞納してしまった、公共料金の支払いが遅れてしまうのが多いなどの場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後に使った際に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

クレジットカードを申し込んだ時にカード発行会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

実は審査の時に確認しているのは収入情報だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を調べる方法がないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を分析しているのかというと過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだからそのデータと照らし合わせて怪しい部分がないか見ています。

そのデータと比べて変な部分がないかと見ています。

そのため、よほど怪しくなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

違いが大きいと判断された場合は収入証明書の提出が必要になります。

最近では、電子チケットの利用やネットショッピングなど様々な場面で利用する機会の増えたアコムマスターカードですが、審査に必要なものは何があるのでしょうか。

まず、必ず準備するのが免許証などの本人確認書類です。

申込者が学生の場合は学生証のコピーなども本人確認書類として大丈夫な場合もあります。

他には、利用料金の引き落とし先として使う銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所はどのカードでも必要です。

口座振替依頼書を利用して金融機関口座を登録する場合は、入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。

アコムマスターカードをまだ作っていない人

最近では、電子チケットの利用が増えるなど様々な場面で利用する機会の増えたクレジットカードですが、必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として認められることもあります。

他に、一部カード会社を除き利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送付してもらう住所が必要です。

口座情報などを入力する際に間違えてしまうと金融機関に登録した銀行印を押すことが必要になります。

アコムマスターカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

都市伝説のように言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないというウワサ話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカード会社、コースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は年収400万円以上の方向けが多いです。

買い物をする際に現金の持ち合わせがないときやネット通販など利用する場面の増えているクレジットカードですが新社会人の方など若い人の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが利用されることも増え、クレカ払いのみ可能なんていうこともあります。

そんな時に、クレカを持っていない方は諦めてしまうこともありますがカード会社によっては即日発行できます。

イオンカードやセゾンなどの消費者金融系のカード会社の場合、審査結果がその日のうちにわかります。

合格していればイオン銀行の店頭やクレジットカウンターでその日のうちに受け取れます。

みなさんがアコムマスターカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどのように収入情報を見ているのでしょうか。

実は審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

申し込み時に提出された年収情報は、同じ業界、同じ職種で勤続年数が何年くらいだから過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだからそのデータと照らし合わせて怪しい部分がないか見ています。

そのデータと比較した時に変な部分がないかを見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人が申告した年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

ローンなどの金融関係の申し込みをする際に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

アコムマスターカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが社会人なりたての人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴などの信用情報のように重要な項目が他にあり、確認方法がない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで以前のアコムマスターカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

アコムマスターカードを作りたいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど選択肢が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。

特にカード会社の場合は、独自の審査基準を持っている場合が多く中には審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2種類に関してはカード会社から案内されて作れるようになります。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

早くカードを作りたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

周りの人にあまり知られたくない内容ってありますよね。

ローンを組むことやアコムマスターカードを作ることと答える人は多いと思います。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を質問されるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところカードを作った300人に対してアンケートを行った結果、約2割の人が連絡がきたという調査もありました。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。