小田急ポイントカードの審査の悪い口コミを調べてみた

買い物の支払い時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットでの買い物時など利用する場面の増えているクレジットカードですが新社会人の方など若い人の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

クレカを持っていないとイベント参加を諦めてしまうことになりますが即日発行できるカードなどが最近では出てきています。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

WEBで申し込み手続きをして結果が通知されます。

合格していればイオン銀行の店頭やクレジットカウンターでその日のうちに受け取れます。

クレジットカードについて調べていると時々このような話を聞きます。

それは住宅ローンを契約していてもクレカは作れるの?ということです。

サイトによっては銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞りなく返済できていれば逆にプラスに判断されることもあるくらいです。

滞納せずにローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

大きい買い物をする際やネット通販など使う場面の増えてきた小田急ポイントカードなどのクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ持っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、ローンなどの支払い履歴のことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンを組むときなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性と答える人もいます。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があればいくらまで利用できるかや毎月の返済額がいくらくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が入ると考えられる正社員なのか、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

ネットショッピングなどをする際に荷物受け取り時にお金を用意せずに済む便利なクレジットカードですがカード会社に申し込み、審査に合格しないと発行されません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

クレジットヒストリーとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどのデータです。

そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。

最近、若い人に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れをするだけでなく、引き落とし日に口座に入っていなかったということもあるので注意しましょう。

ここ数年で、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

イベントによってはクレジットカード払いしかできないなどほぼ必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを申し込んだ際に審査通らないということが起きないように重要なポイントを確認しましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、クレジットヒストリーは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると予想されます。

クレジットヒストリーについては支払い期日ちゃんと守って払われるかを見られています。

ネットショッピングをするのに小田急ポイントカードなどのクレジットカード払いのみの場合があるなど申し込んだら審査落ちしてしまったけど原因がわからないという話を聞きます。

落ちる理由として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、水道料金などの支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日などがあるものをしっかり払えていないとクレカを発行した後の利用で引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

参考:小田急ポイントカードの審査基準は甘い?通らない人の共通点とは

特に学生や社会人なりたての人はクレカなどの知識が少ないことも多いので気をつけましょう。

よくTVCMなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?楽天カードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカを作ろうと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが最も知りたいところですよね。

実際に調べてみました。

審査で重要とされているのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用情報です。

勤務先の情報などうっかり入力ミスでも虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので気をつけてください。

家電などの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしていますか?多くの方はクレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

クレジットカードを活用する方が多いのではないでしょうか。

便利な反面、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるのでその場合、カードの発行をお勧めします。

ここでは、初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには買い物先で申し込む方法や申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に用意しておきましょう。

申し込みをする際に年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

結果がわかるまでの期間は即日の場合が多いですが実際にカードが届くまではもう少し時間がかかります。

ネットで買い物する際に使う小田急ポイントカードなどのクレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やカードの種類が多くてどれを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を作っている場合が多く中には審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

自分から申し込みを行うカードはゴールドカードまでとなっています。

申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

少しでも早くカードを手に入れたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

ネットで買い物をするときに便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカードは作れるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

基本的には申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜかというとカードの発行元からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が引っかかるポイントで多いのが携帯料金の未払いです。

そのため、公共料金や携帯料金の支払いに気をつけましょう。